チタン製医療機器・第一種医療機器製造販売 | チタンについて

チタンについてABOUT TITANIUM

チタンの特徴

軽い・強い・錆びにくい、厳しい使用条件・環境にも対応。
多彩なメリットを持つ魅力あふれる最先端の実用金属です。

チタン本来の特性に加え、チタン合金としてさらに優れた性質を発揮、先端技術に欠かせない存在です。
本来持っている特性を活かしつつ、アルミニウム、バナジウム、パラジウム、モリブデン、クローム、ニオブ、などの添加元素により、機械的・物理的・化学的な性質をいちだんと高めた合金もつくられ、先端製品、未来技術の開発に不可欠な材料として用いられています。

軽量

比重4.51で、銅の約1/2、鉄の約60%という軽さです。

高耐食性(耐海水性)

海水中では、白金に匹敵、他の主要金属より優れています。

高比強度

重さあたりでは、アルミニウムの約3倍、鉄の約2倍の強度です。

無害・生体適合性

金属アレルギーの方にも安心。人体に優しい安全な金属です。

不燃性

チタン展伸材は、不燃材料としても認定されています。

その他素材特性

プラスアルファーの優れた物理的・科学的・意匠的な素材特性を発揮します。

  • 良加工性
  • 非磁性
  • 意匠性
  • 低膨張率
  • 低熱伝導率
  • 良低温特性

チタン使用実例

航空宇宙開発からプラント・建築・身近な製品に至るまで、
あらゆる分野で用途の可能性を深く大きく拡げています。

各種の製品開発技術の向上にともない、今いちばん期待されている金属です。
チタン材料の開発当初は、航空機やロケットなどに多く使用されていました。
その後、製造技術の進歩とともに、コストダウンが図られ、多種多様な分野での需要が増加。
原子力発電所や化学プラント、海洋建造物、建築屋根材、ゴルフクラブ、人工関節など、その用途と可能性は広がっています。

軽量・高強度・高耐食性を活かして

※写真は一般社団法人 日本チタン協会「チタンの世界」より引用させて頂きました。

化学プラント・電解設備

電極、貯蔵槽、配管・バルブ、熱交換器、タンクローリー プラント/提供:一般社団法人 日本チタン協会「チタンの世界」

電力・海水淡水化プラント

タービンブレード、海水淡水化装置、復水器 タービンブレード / 提供:(株)東芝

航空宇宙

機体構造材、エンジン部品、ロケット部品、燃料タンク 航空機/提供:一般社団法人 日本チタン協会「チタンの世界」

航空宇宙

機体構造材、エンジン部品、ロケット部品、燃料タンク エンジン/提供:(株)IHI

建築・モニュメント

東京国際展示場(ビッグサイト) 提供:一般社団法人 日本チタン協会「チタンの世界」

海洋土木

鋼管杭防食カバー、海上橋脚、金具(密閉用ハンドル、キャッチクリップ) 深海調査船 /提供:海洋科学技術センター三菱重工業(株)

医療

人工骨、心臓弁、心臓ペースメーカー、手術用器具、歯根 医療器具

民生品

メガネフレーム、時計、ゴルフ用品、カメラ、装飾品、中華鍋、自転車、登山用具、剣道面、カトラリー

チタンコンサルタント Dr.森口

チタンコンサルタントのDr.森口が、チタンについてのあなたの質問にもお答えします。
チタンを利用したアイディアなども随時お待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

森口 康夫もりぐち やすお

チタンコンサルタント
京都大学工学博士
(一社)日本チタン協会コンサルタント、アドバイザー
大阪大学大学院および関西大学非常勤講師

【プロフィール】

1938年 東京生まれ
1963年 横浜国立大学工学部卒/株式会社神戸製鋼所入社

中央研究所にてチタンに関する研究に従事
筑波事務所長(官・学との連携拠点)
筑波大学非常勤講師
財団法人航空機国際共同開発促進基金に出向

大阪府中小企業支援センターアドバイザー
科学技術振興事業団プロジェクトコーディネータ
大阪大学大学院および関西大学非常勤講師
財団法人大阪産業振興機構大阪TLOコーディネータ
ほかにセミナー講師などの経験多数

【著書】

鈴木敏之との共著:(1995年)チタンのおはなし/日本規格協会

下記図書分担執筆

「金属チタンとその応用」編集委員会編:(1983年)金属チタンとその応用/日刊工業新聞社
日本チタン協会編:(2002年)チタンの小事典/日本チタン協会
その他論文、解説等多数